収穫年

2007

初のヴィンテージ。苗の最も良い状態、バランスを理解するために、私は様々な剪定を試しました。気候に関しては、ブドウの成熟段階中は、日照量、温度ともに非常に恵まれました。

収穫日 11月3日

2008

生産なし

2009

この年はとても雨が多く、特に9月、10月に関しては、房の選別のために、何度も何度も畑に足を運ぶことが必要とされました。

2010

2010年は、降雨量は少なかったが、気温も上がりすぎませんでした。ブドウはとても健全で、畑へは、かなり少ない足運びとなりました。収穫日 11月2日

2011

日照量、降雨量ともに、気候条件に関してかなり上下しました。収穫量を徹底的に減らすことによって、ブドウの房はかなり完熟に達しました( 収穫日 11月5日 )。ワインは残糖分の多い、かなり個性的な年となりました ( オニョストロは辛口のワインです! )

2012

この年は、とても整った年で、夏は暑く、日照量もあり、そして秋も暖かな日が続きました。

収穫日  11月3日

2013

またしても、膨大な雨が収穫量を減少させ、年として、難しく複雑になりました。

収穫日  11月8日

2014

この夏は、前例のないかなりの降雨量が特徴づける年となりました。幸いにも、秋は気温も十分に上がり、ブドウの成熟をもたらしました。収穫日  11月1日。驚くべきことは、10月の第二週目中頃、葉が紅く染まり始めました。